生活費が足りなくなってしまってお金を借りたいです

無駄遣いもせず毎日節制して暮らしているのですが最近は物の値段があがってしまい自分の思っているように節制できなくなっています。

今までセールのときは100円だった食品が、セールのときでも200円になってしまっていたり、ほかのスーパーでも同じような設定金額ですので安いお店が見つからなくなってしまっています。

私のなかで、節制することがしんどい時期があったりしたのですが最近は節制するのが楽しかったので自分の思うように節制できないとイライラしてしまうときがあります。

お金は旦那にいえばいくらかもらうことができるのですが決して高給取りというわけでもありませんし私も養ってもらっている立場ですのでお金に関してどうこう言えません。

一ヶ月の終わりに今月これだけお金がかかったという話をするのですが、最近は生活費にお金がかかってしまっていて旦那に申し訳ない気持ちになってしまっています。

旦那はそれに関して指摘もしてきませんし、野菜などの値段があがっていることも知っているのですが、家計を任されている身としてはもっときちんと節制したいですし、体によいものも食べさせてあげたいと思ってしまいます。

そのためにお金を何とか調達したいと常々考えています。毎日お金を借りたいとお金のことばかりを考えていると頭がおかしくなりそうです。


大切な人に会うために。

やはり、大切な人に今すぐ会いに行きたい時や、会えるチャンスが少ない人と会えるかもしれない時だと思います。

たとえば、家族が急に病気になって一刻も早く会いに行きたいかなければならない時や、恋人と破局の危機、恋愛を成就させる為の勝負に出たい時、めったに日本に来ない好きなアーティストが来日する時など、このチャンスを逃したら二度と会えない可能性が高い人と会うためなら、お金に糸目をつけなくなる事が多いです。

その為に家族や友人、場合によってはネットの向こうの人にまで助けを求めた事があります。
顔も知らない人のはずですが、助けていただけました。
また、物を売って足しにしたりもしました。

もちろん駄目だった事もあります。しかし、全く後悔はしていません。本来はお金で買える物ではないからです。

お金で買えないけれど、お金を出したらどうにかなる確率を上げられる事に使う時は、迷わず使いますし、足りない場合は頑張って作るなり、頭下げて借りるなりします。

やはり、勝負に参加したいですから。
そういうときは家族にバレずにお金を借りることもあります。
http://家族にバレずにお金を借りる.biz/


生活費が足りなくてクレジットカードを使いながら毎月乗り越えています

私は専業主婦です。夫は一般的な収入がありますが、どうしても毎月の給料日前には生活がぎりぎりになってしまいます。貯金も少しはあるのですが、自動車税や車の維持費、結婚式に呼ばれた時のご祝儀など急な出費があったときのために使わないようにしています。

そんな状態なので給料日前は結構生活ができないくらうお金がないときもよくあります。ガソリンを入れることができない、食料品を買うことができないこともよくあるのです。

そんな時はクレジットカードが本当に頼りになります。クレジットカードがないと給料日の前数日間は食べるものもない生活になってしまうと思います。クレジットカードで生活費を払っているので前月の生活費を翌月返済し、そのせいでまたクレジットカードで生活するという悪循環に入っているのは分かっているのですが、どうしても貯金には手をつけたくなくて、やはり毎月数万円はクレジットカードを使ってしまっています。

最近はコンビニはもちろん、スーパーでも当たり前のようにクレジットカードが使えるので本当に助かっています。
専業主婦お金ないときでも借りられるカードローンはこちら


お金を借りるという事

お金借りる事を毛嫌いする人が多いのは今も昔も変わらないと思います。もちろん、自分が稼いで蓄えたお金でやりくりする事は非常に重要な事だと思います。

しかし、若いうちの急な出費や、家を買うなどのローンは人生では往々にして起こりうる事だと思います。その時に、お金を借りる事が今後の自分にとって良い事なのか悪い事なのか、そのお金は計画的に返す事が出来るのか出来ないのか等を俯瞰して考える事の出来ない人はお金を借りるべきではないと思います。

私自身も昨年、急な出費がありカードキャッシングを利用しました。これまでお金を借りた経験は無かったので抵抗はありましたが、転職したてという事もあり貯蓄も満足にありませんでしたので、利用せざるを得ませんでした。しかし、大切な事のために借りたお金ですので、早めに返済し、将来の自分のために計画的に貯蓄をしようと考えるようになりました。

お金を借りた経験から、お金の大切さを知り、計画的な人になる事が出来たのではないかと思います。


借金によって身を滅ぼすくらいなら貯金せよ

私は借金によって一時的に地獄を見ました。借金って、膨らみますよね。借りた時より返す時の金額の方が多い。これはきついですよ。お金を借りるのは最後の手段です。ギリギリ限界まで耐えて下さい。自力で何とかやっていこうとして下さい。その努力なくしてお金を借りようとした時、あなたは悪魔に魂を売り渡したのです。そして、天使はあなたを見捨てます。

比喩的ですが、お金を半端な覚悟で借りるということは、そのくらい大変なことなのです。お金は信用がなければ借りられませんが、その信用はどうすればつくでしょうか。お金自体を借りないことが信用です。お金のマネージメントが上手な人は、そもそも借金をしません。経営だって、無借金経営が一番です。

借金は地獄的です。借金の反対は貯金です。貯金は天国的です。貯金を積み重ねてゆくメンタリティーが、借金を遠ざけます。お金で甘くなったら人生終わりです。まともな家庭生活も営めなくなります。是非、借金ではなく、貯金の人生を全うして下さい。

以上ですが、参考になれば幸いです。


ご利用は必要時のみに!

以前、消費者金融に勤めていたことがあります。
急にお金が必要になり、身内や銀行からも都合がつかないといった場合に消費者金融に流れてくる方などが多数かと思います。
消費者金融などに対する世間の目は冷たいですから、一般の人達からすれば、そんなところから借金をするなんて!という目で見られるのは致し方ないのかも知れません。
ただ、無担保で尚且つ審査が銀行より甘いので、いざという時に利用するのはとても便利だとは思います。

基本的に消費者金融を利用していることなどは本人以外の第三者にバレることはありません。また本当に必要な時に、その目的のみの為に利用し、用が済んだら速やかに完済するのが借金する場合の理想の姿だと思います。自分の予備の口座のように、特別な用が無くてもカードを使い続けている人が多数います。使い続けていると、消費者金融側も営利組織ですから、もっと利用しませんかなどの案内をしてくることもあります。繰り返し利用を続け、途中で返済不能に陥り取引事故を起こす方もいました。

やはり消費者金融などからの借金はしないに越したことはないと思いますが、やむを得ない場合のみ利用し、速やかに完済し解約するべきではないかと思います。

  • 総量規制対象外とは ・・・総量規制とは、過剰な個人向けの貸付けを抑制する目的から、借入総額が原則として年収等の3分の1までに制限される法律。

主婦にもおこづかい制度を♪

結婚した当初、仕事をやめた私自身の収入はゼロ。それでも欲しいものは、今までの貯蓄から買うようにしていました。主人の働いてきたお金は、なんとなく、手を付けにくかったからです。

しかし、貯蓄がそう多くない為、そうするにも限界がありました。

  • 主婦でも借りれる ・・・パートやアルバイトで安定した一定収入がある方や、専業主婦でも借りられるローンもありますよ。

今までは、服でも雑貨でも、欲しいものがあれば、すぐに買えたのに、買えない、買いにくい状況がイヤでしたが、なんだか、自分が稼いでいないお金で、自分のものを買ってもらう事が申し訳なく感じてしまっていたのです。

しばらく自分のものを買わないようにする生活が続きましたが、ある時、主人が、欲しいものあったら買っていいんだよと言ってくれました。外で働いているのは自分だけれど、私は家の中でちゃんと働いてくれているのだからと。

その言葉に、それから私は家計の中から、おこづかいをもらう事に決めました。ちょっとしたお給料のような感じです♪

それからは、自分のおこづかいの範囲で、自分の好きなものを自由に買っています。高いものが欲しくなった時は、毎月少しずつお金を貯めて♪